どちらを選択するにも慎重に

自分の力で開店準備や事業資金の面が必要となる

フランチャイズ契約を結ばずに自営業を始めるには、自分の力で店舗の契約や事業資金の工面を行う必要があるため、起業家を対象としたセミナーに参加をしたり、独学で経営のノウハウを学んだりすることが大切です。また、事業が軌道に乗ってきた時には、正社員の採用や新規事業の展開などを行うなど、安定的に事業活動を進められるようにすることが重要となります。最近では、フランチャイズ経営のメリットについて様々なビジネス誌や経済情報誌などで強調されることがありますが、可能な限り自分自身の経験やアイディアを活かしたい場合には、独自のスタイルの事業を始めるのも良いでしょう。その他、開業に向けて脱サラをして自営業を成功させた人の体験談を参考にすることもおすすめです。

同じエリアで展開する同業他社の動向をこまめに把握する

自営業を新しく始めるにあたり、早いうちから同じエリアで展開する同業他社の客入りや品ぞろえなどをこまめに把握して、他社とは違うポイントを顧客に向けて積極的にアピールすることが重要となります。特に、飲食業や小売業などの参入障壁が低い業界については、短期間で開業ができるものの、常にライバルの店舗との競争が激しくなることがあるため、開業時に事業のコンセプトを明確に決めることが肝心です。また、新しい店舗が近くに出店した際には、一時的に収益が伸び悩んだり、店内の客入りが少なかったりすることがあるため、臨機応変に対応できるように日ごろから備えることが大切です。なお、個人事業の経営が上手くいかなくなった際には、フランチャイズ事業への転換も慎重に検討すると良いでしょう。

© Copyright Recruitment Franchise Opportunities. All Rights Reserved.