フランチャイズのデメリット

業種によっては本部に高額なロイヤリティの支払いが必要となる

フランチャイズは、特別なスキルや高額な資金を持たない人でも開業しやすいといった魅力がありますが、業種によっては本部に支払うロイヤリティの金額が大きくなるといったデメリットもあります。例えば、コンビニなどのフランチャイズの本部の看板を利用した業態については、月々の売上金の三割から四割ほどのロイヤリティが発生することが多いため、経営を圧迫しないように慎重に契約先を決めることがポイントです。また、ロイヤリティの支払額を最小限に抑えたい場合には、学習塾やクリーニング店などのサービス業を選択することがおすすめです。なお、様々な業界の平均的なロイヤリティの金額について詳しく知るうえで、様々なフランチャイズの本部の担当者と話ができるイベントに積極的に顔を出すと良いでしょう。

商品やサービスの種類が限定されやすい

フランチャイズ経営は、自分の力でテナントの契約をする手間が省けたり、従業員の教育を本部に任せたりすることができますが、商品やサービスの種類が限定されやすく、オリジナリティにかけるという問題もあります。そのため、なるべく自分自身のアイディアを事業に反映させたい場合には、本部からの規制がそれほど厳しくない企業とフランチャイズ契約を結ぶことがポイントです。また、店舗の周辺にライバル店が現れた場合には、一時的に利用客の数が少なくなったり、売り上げが伸び悩んだりすることがあります。こうしたトラブルに対処をするうえで、契約前に日ごろから本部の担当者にこまめにアドバイスをもらえるかどうか確認しておきましょう。

© Copyright Recruitment Franchise Opportunities. All Rights Reserved.